虫歯にさせない優しい小児歯科|フッ素塗布|神田駅前 平野歯科クリニック|神田駅1分の歯医者

インターネット予約

03-6410-5155 神田駅から徒歩1分

キービジュアル

乳歯が虫歯になってしまうと、
その後に生えてくる大人の歯にも悪影響を与えてしまいます。

まずはお口の中を拝見させてください。

当クリニックの、子供の治療に対する「考え方」

よくこのような質問を受けることがあります。
「大人の歯が生えてくるから、子供の歯は虫歯になっても大丈夫ですよね?」

冒頭でもお伝えしましたが、乳歯に虫歯ができてしまうと、これから生えてくる大人の歯にも悪影響を与えることがあります。

幼児期に適正な食生活を送るために乳歯は重要な役割を担っていますが、それ以外にも乳歯には非常に大きな2つの役割が与えられています。

1つ目は、次に生えてくる永久歯を適切な位置へ誘導する役割
生え替わる時期に乳歯がすでに虫歯でダメになっていた場合、永久歯を適切な位置へ誘導ができなくなり、永久歯自体が生えてこなくなる場合もあります。

2つ目は、乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保する役割
虫歯で早期に乳歯を抜いてしまった場合、その隙間を埋めるように、両隣の歯が寄ってきます。そうなると、永久歯が顔を出すスペースがますますなくなり、正しい位置と方向に生えることができず、噛み合わせが悪くなる原因となります。

顔面は、成長に伴いまだまだ大きくなりますが、歯のサイズは変わることはありません。

ドクター

お子様が成長するまで、歯を守ることができるのは親御さんしかいません。
当クリニックで一緒に楽しく学んでいきましょう!!

子供の治療の取り組み

今や歯科医療も進歩し、昔のような「歯医者=痛い・怖い」というイメージは払しょくされつつあります。また、しっかりした知識のもと、歯科医院でのケア/ご自宅でのケアを行うことで、できるだけ虫歯をつくらないサイクルを実践する環境になってきました。

虫歯になってしまったら、可能な限り不快感を与えずに治療をし、以後、虫歯にならないような取り組みを当クリニックでは実施しています。それぞれご紹介いたします。

取り組み1. まずは、歯医者の雰囲気に慣れてもらいます!

お子様が初めて来院される時は、緊急時以外はすぐに治療をしません。
じっくりお子様とお話し、「診療台に座る」「器具を触ってもらう」練習から始め、歯医者さんの雰囲気に慣れてもらう、そして私たちと仲良くなっていただくことから始めます。

取り組み2. 可能な限り「痛みを抑えた」虫歯治療

昔と違い、「虫歯治療には痛みがつきもの」という時代ではなくなりました。
当クリニックでは、可能な限り痛みがでない方法で治療をしています。
まずは、必要最小限のエナメル質(歯の表面)だけを削り、あとはドリルを使わずに、指の力だけで虫歯を削っていきます。この方法だと、麻酔なしでもほとんど痛みのない治療が可能になります。
しかし、どうしても麻酔を利用する必要がある場合もあります。
その際は、麻酔注射をする際の痛みが生じますが、その痛みに関しても可能な限り抑える処置を当クリニックでは行っております。具体的にどのような処置をすることで痛みを抑えているかをご紹介します。

Step1 「表面麻酔」を使用

表面麻酔

多くの患者様が最初に嫌がるのは、麻酔注射をする時の痛みです。しかし、その痛みも、事前に注射する箇所に表面麻酔を施すことで軽減されます。表面麻酔は薬剤を歯肉にしみこませるだけですので、痛みは伴いません。

Step2 「極細の針」を利用

極細の針

例えば、蚊に刺されても痛くないように、針が細ければ細いほどほど痛みは少なくなります。
当クリニックでは現在発売されている中で最も極細の針(33G)を使い、ソフトに注射することで痛みを抑えます。

Step3 経験に裏打ちされたテクニック

治療風景

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となります。そのため、常に一定の速度を保ちゆっくりと注入することで、痛みを最小限に抑える工夫をしています。

コラム「マイナス1歳」から始める虫歯予防

マイナス1歳からの虫歯予防」をご存知でしょうか?
赤ちゃんが生まれた時は0歳です。マイナス1歳とは、お母様のお腹にいるときの状態で、その時からお子様への虫歯菌の伝播を予防するための取り組みを行おうというものです。

母子

妊娠中から子供が小さい時期のお母様のお口の中は、虫歯菌が増えやすい環境にあります。それは、妊娠中には、つわりがあり、食事が不規則になったり、吐き気がするために歯磨きがおろそかになることがあるためです。
妊娠中と出産後の育児に追われる時期を合わせた数年間は、お母様のお口の中は虫歯菌が繁殖しやすい状態がつづくのです。

虫歯菌は人から人に伝播しますので、お口の中の虫歯菌が増えている時期に、お母様が口にいれたスプーンで離乳食をあげる、あるいは食べ物を自分の歯で小さく噛みちぎってあげるとお子様に虫歯菌が移ります。つまり、将来お子様が虫歯になる可能性が非常に高まってしまうのです。

このようなスキンシップを安全に行うにはまずはお母様のお口の中を清潔に保つことです。

「お母様の歯を清潔に!!」

お口の中を清潔に保つためには、お母様に虫歯がないことはもちろん、食後の歯磨き習慣に加え、歯科医院で行われているクリーニングを定期的に受けられることをお勧めします。クリーニングを受けられることで、毎日の歯磨きだけでは落とすことができない汚れを除去することが可能です。

お口を清潔な状態に保つ取り組みに関しては予防歯科をご参照ください。
当クリニックの予防歯科は、一般的に行われている、歯垢・歯石などをとるだけでなく、まずは患者様の虫歯リスク/歯周病リスクを各種検査で測定し、それに応じたオーダーメイドプログラムをご提案します。更に、ご自宅でのセルフケアにおける具体的なアドバイスも行います。

お口の状態や生活習慣は人それぞれ異なります。
そのため、どの方に対しても同じ処置で良いわけではないと考えます。

当クリニックでは、一人ひとりに合ったプログラムを立案しますので、負担なく、そして合理的にお口の健康を守ることができます。

初診「個別」相談へのご案内※30分 / 1万円

当クリニックでは、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約

電話での問い合わせ

03-6410-5155

医院の住所

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-7-1神田IKビル2F

診療時間
09:30 ~ 13:00 (最終受付 12:30)
14:30 ~ 19:00 (最終受付 18:30)
  • ※土曜日の診療時間  午前 / 09:00~12:00 (最終受付11:30)  午後 / 13:00~15:30 (最終受付15:00)
  • ※日・祝は休診

このページの先頭に戻る