医院からのお知らせ|神田駅前 平野歯科クリニック|神田駅1分の歯医者

インターネット予約

03-6410-5155 神田駅から徒歩1分

キービジュアル

矯正日のお知らせ

2017年10月11日

11/1(水) 14:30〜           11/7(火) 18:40〜

12/12(火) 18:40〜         12/13(水) 14:30〜

 

「訪問歯科を始めるにあたって」

2017年10月3日

 

「歯科訪問診療の実際」の講演会に参加しました。
神田駅前平野歯科クリニックではこれから訪問歯科診療を開始しますが、その前に有意義な話を聞くことができました。
講師の先生の29年間にわたる経験のなかで、開始準備と注意事項、継続に必要なこと、また保険請求上の注意点など多岐にわたる話を聞くことができました。
10月後半から徐々に開始し、より多くの患者様によりよい訪問歯科診療をご提供したいと改めて強く思いを持ちました。

 

「歯科臨床が変わるコンサルテーションとミラーテクニックのチカラ」に参加ました。

2017年10月3日

 

 

インフォームドコンセントが重要である医療において、どのようにして患者様の訴えを引き出し、治療法を提案するのか、コンサルテーションのあり方について学びました。

また、マイクロスコープを用いた診療における口腔内ミラーの扱い方について学びました。口腔内ミラーをどの角度でどの位置に使用すると広い視野が得られるのかを模型を用いて実践しました。マイクロスコープを使用する臨床においてミラーテクニックの重要性を再認識しました。(DR.HO)

 

ホワイトニングにおける知覚過敏に対する事前処置について

2017年09月26日

   

 

   第28回日本歯科審美学会に参加してきました。教育講演「ホワイトニング治療の潮流」では、治療中、または治療後によく問題となる知覚過敏に対する処置についての発表がありました。治療前に知覚過敏処置に知覚過敏抑制剤を事前に塗布しておくと、いわゆる術前投与的な効果が認められ、しかもホワイトニングに対する影響がほぼないとの見解が示されました。これまでホワイトニングを希望される方で、知覚過敏が術中におこってしまい、不快な思いをされる方もいらっしゃいましたが、そのようなケースに対する処置として、ぜひ取り入れたいと思いました。

 

 

 

インプラントの講演会、ノーベルバイオケアシンポジウム2017に参加しました。

2017年08月29日

年に一度、インプラントの開発、製造を行っているノーベルバイオケア社主催で開催される講演会に参加しました。昨今、問題視されているインプラント周囲炎の対応、新しいサイズのインプラントの紹介、インプラントとアバットメントの締結回数を削減した新しいシステムなど今後の臨床のヒントが盛りだくさんの2日でした。
さらに、特筆すべきは、シンポジウムの最後のセッションで超高齢化社会を見据えてインプラントを入れていた患者さまが寝たきりになったり、認知症になった場合にどう対応するか、具体的な方法について講演があったことです。これからこの高齢者歯科でのインプラント治療の対応について、さまざまな議論が必要になるだろうと感じつつ帰路につきました。 平野滋三

夏期休診のお知らせ

2017年07月26日

再度、夏期休診日をお知らせ致します。

 

8/11(金)〜8/16(水)は休診致します。

 

ご迷惑をお掛けかけし申し訳ございません。

あらかじめご了承下さい。

歯周病治療のセミナーに参加してきました。

2017年07月25日

〜「歯周病をコントロールするために

               チームで取り組む歯周治療と予防」のセミナーに参加して〜

 

  景山先生の講演を聴いて、歯周病治療を効果的に行うためには、患者さんと十分なコミュニケーションを取り、患者さんにも積極的に治療に参加していただくことが大切だと実感しました。また、その患者さんのやる気を無駄にしないよう、医院内で統一された治療の流れを作り、医院スタッフ全体で患者さんをみる体制を整える必要があると学びました。

Dr. S

   今までの知識の確認と新たに注意事項を学びました。医院で情報を共有して日々の診療に生かしていきたいと思います。

衛生士  K

   Dr目線での「歯周病のコントロール」というセミナーでしたが、ドクターと衛生士の連携、チーム医療で患者さんに寄り添ってケアしていくことの大切さを学びました。

衛生士 S

  歯周病治療では、患者さんのやる気を引き出せるかどうか予後に大きく関わると学びました。ドクターと衛生士協力し合い、患者さん一人一人のお口の中をより良くする方法を考えていきたいと感じました。

衛生士 I

マスコミで話題になってる院内感染症対策について

2017年07月6日

当クリニックでは使用する器具はすべて厳密に滅菌しております。また、使用するグローブは患者様ごとに取り替えております。

 

読売新聞電子版(7月3、4日)で掲載された切削器具とグローブの使いまわしについてのデータです。

・ドリルの刃「洗浄・滅菌」をしている歯科医院は64%

・歯科医の手袋「患者ごと交換」をしている歯科医院は52%

 全国1000人の歯科医にアンケートをした東北大学歯学部などの研究グループによる調査結果だそうです(回答700人)。

 当クリニックでは2007年の開設以来、切削器具、ハンドピースなど使用する器具はすべて滅菌しており、グローブはすべて患者様ごとに取り替えております。

 

第126回日本補綴歯科学会が横浜で開催されました。

2017年07月3日

   年に一度の日本補綴歯科学会学術大会です。近年の補綴の潮流はなんと言ってもデジタルデンティストリーです。補綴物製作のデジタルワークフローのシンポジュウムがあり、どこまでできるようになっているかについて詳しい説明を聞くことが出来ました。

これまでの型どりやかみ合わせの記録方法がすべてデジタルに変わるのもそれほど遠くないと感じました。それだけではなく、若い頃の歯をデジタルデータとして記録しておけば、歯を抜いて補綴する際に記録しておいたデジタルデータを元に再構築するなどの可能性も広がり、歯科医療に大きな変革が起きることも予感させるような学会でした。

入れ歯の講習会

2017年06月21日

全部床義歯同門会で入れ歯の講演会があり参加してまいりました。
演者の先生のお父様は戦前からご活躍だった方で義歯のバイブルともいうべき教科書を書かれた

先生でした。

「温故知新」、先達の話には常に新しい発見があります。
古くて新しい入れ歯の講義でした。

 

 

12

初診「個別」相談へのご案内※30分 / 1万円

当クリニックでは、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • オンライン予約

電話での問い合わせ

03-6410-5155

医院の住所

〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-7-1神田IKビル2F

診療時間
09:30 ~ 13:00 (最終受付 12:30)
14:30 ~ 19:00 (最終受付 18:30)
  • ※土曜日の診療時間  午前 / 09:00~12:00 (最終受付11:30)  午後 / 13:00~15:30 (最終受付15:00)
  • ※日・祝は休診

このページの先頭に戻る